われら犬鷲倶楽部

われら野球好き集団 東北楽天ゴールデンイーグルスを勝手に応援させていただきます

新春スポーツ

ニューイヤー駅伝

ホンダが悲願の初優勝

昨年優勝の富士通が優勝旗を変換しておらず(紛失?)優勝旗が授与されず

富士通は参加取り消しなどのペナルティーがあってもよかったのでは

www3.nhk.or.jp

 

箱根駅伝

青学大が2年ぶり6度目の総合優勝

青学はアッパレではあるが、強い大学にしか有望選手が集まらなくなくなっているので、優勝可能チームが限られてきているのは今後の大会がつまらくなっていく要因になってしまうかもしれません。

日本選手に頼れないチームは外国人ランナーを獲得するしかありませんんので。

www.nikkansports.com

ラグビー全国大学選手権

帝京大(関東対抗戦1位)が、4大会ぶり10度目の大学日本一

また帝京大学1強時代に突入してしまうのでしょうか

news.yahoo.co.jp

全国高校ラグビー大会

東海大大阪仰星(大阪第2)が4大会ぶり6度目の優勝

ちょっと強さが抜きんでていたように見えました。

www.nikkansports.com

全国高校サッカー選手権大会

青森山田は、大津(熊本)を下して3大会ぶり3度目の優勝

決勝は見ていませんでしたが、青森山田は相変わらず強いですね。

www.nikkansports.com

 

全日本高校バレー

男子は日本航空初優勝 女子は就実連覇

古川学園優勝ならず残念でしたが、就実の強さが目立っていました

www.nikkansports.com

 

 

 

 

 

 

プロ野球シーズンが終了しました

プロ野球シーズン終了

f:id:INUWASHIclub:20211128172617p:plain

わがイーグルスの成績はとても満足できるものではありませんでしたが。

COVID-19 も日本シリーズに合わせたかのように激減。

野球界のとっては明るい兆しでしょう。

さて気軽に見ていた日本シリーズ

僅少差で見ごたえがあったといっていいでしょう。

終戦山本の魂の141球代打川端のタイムリも感動的でした。

短期決戦では勝ちパターンの投手が全力で登場しますのでなかなか打つのは難しいのでしょう。

でも客観的に見て見ると、継投投手もたくさん登板する中で、すべての投手が絶好調である可能性はかなり低いと思います。

とすると、この接戦は打撃陣の不振か相手投手のデ―タ不足、要するに打撃不振であったのではないでしょうか。

エラーも目立っていたのも残念。

もちろん山本投手や奥川投手の投球は誰がみてもナイスピッチングであったといえますが、すべての投手がすごかったかというと疑問です。

ということは、来シーズンは他チームにとっては十分つけ入るスキはあると思います。

もちろんイーグルスも。

閑話

ヤクルト 内川;個人的日本一5連覇

ヤクルト ;両リーグで日本一、日本シリーズ連覇

さらにニュースにはスワローズ日本一の陰に『嶋』との報道複数あり。

影のMVP の声さえ。

うれしい限りですが、はやく戻ってきてほしいと改めて思いました。

ヤクルト・嶋基宏 ムードメーカーのベテラン/陰のチームMVP(週刊ベースボールONLINE) - Yahoo!ニュース

ヤクルトVロード導いた嶋基宏のすべらない声出し 助っ人には爆笑仕込み芸 - プロ野球 : 日刊スポーツ

ヤクルト・嶋基宏 陰からVを支えた男「相手ベンチの雰囲気が良いって、脅威なんです」 | 野球コラム - 週刊ベースボールONLINE

 

今シーズン終わりました。

チーム   計  
楽  天 0 2 0 0 0 0 2 0 0
ロッテ 0 1 0 1 0 1 1 0 X
楽天
 
 
安楽
 
酒居
 
松井
【ロッテ】
 
小島
 
国吉
 
佐々木千
 
益田
[本塁打]
 
山口1号(ロ)
 
炭谷1号(楽)
 
マーティン1号(ロ)

 

まず、ファンのみなさん、すべての関係者のみなさん、お疲れさまでした。

私たちのシーズンが終わりました。

 

CSは、まさに今シーズンを凝縮したような、そんな戦いでした。

岸さんもがんばっていましたが・・島内さんも・・炭二朗も・・でもきょうも、勝ちきれませんでした。

たられば、いっぱいありますが、最後まで、浅村さんが不調で終わってしまったこと、そして打てない茂木くん、辰己くん、銀次さんも期待していたけれどもきょうは期待に応えてくれませんでした。

あと、もう少し得点できていたらなあ・・と昨日も思いましたがきょうも思いました。

 

そう考えると、冴えないシーズンでした。

 

安楽くんも酒居くんも、ここでHRはダメだよ・・というところで打たれてしまいましたし、完敗でした。今年はロッテにやられっぱなしのシーズンでした。

しょんぼりです。

 

ここから、オフシーズンに。今年は犬鷲倶楽部反省会はできるのかな?

 

上を向いて生きるには、どうしたらよいのでしょう。

浅村とレアードの差 +助っ人いるといいね

チーム   計  
楽  天 0 1 0 0 0 0 3 0 0
ロッテ 0 0 3 0 0 0 0 1 1X
楽天
 
則本昂
 
安楽
 
西口
 
酒居
 
松井
 
●宋家豪(0勝1敗)
【ロッテ】
 
佐々木朗
 
国吉
 
唐川
 
佐々木千
 
○益田(1勝0敗)
[本塁打]
 
エチェバリア1号(ロ)

早々と更新です

逆転は超期待薄ですので

せっかくオマケで先制点をもらったのに、チャンスで何ともできない浅村とタイムリーを打てるレアードの差がありました。

孫もあんた浅いレフトフライで余裕のタッチアップをゆるしているようでは本日の勝敗は決まりでしょう。

本日負けとなれば明日の先発は小島でしょうから、もはやThe END

いよいよバファローズ vs ターガースを期待します。(←タイガースも今日、負けたけどね)

 

と、ここまでが、前半だったのですが、その後いろいろとありました。

書き足しておきます。

 

7回に国吉のコントロールがままならず、辰己四球選んで、太田のバントがピッチャーゴロも国吉あせって2塁に暴投、ノーアウト1,2塁。しかしここで剛くんのバントがフライになり、国吉突っ込んで、キャッチし、辰己は3塁に到達して戻れず、国吉が2塁踏んで一人ダブルプレーとなりました。すべて終わりかと思いきや、また豪朗さん四球選んで、浅村さんも選んで、島内さんが代わった唐川から逆転打!

 

しかししかし、またここから、1点差を守れず、最終的には、帰ってきた松井裕樹が、エチェバリアに1発を打たれてしまい・・・

 

最終回は宋くんが佐藤としやに打たれてサヨナラ負け。

 

感想としては、佐々木朗希は良かった。しかし、その後のピッチャーからは、もっと点をとれたでしょ!と。

松井裕樹くんと宋くんはあまり責める気にはならない。きょうは両チームミスが多かった。

 

きょうの浅村さん、そして下位打線・・何とかせい

これが、今年の楽天イーグルスです。1年のまとめのような試合でした。

勝ちきれず負ける。

 

とりあえず、明日もあるから、がんばろう。

 

今年を振り返る③ 打者成績

今年を振り返る③ 打者成績

パリーグ個人打撃成績(規定打席以上)

f:id:INUWASHIclub:20211104192832p:plain

☆ イーグルス個人打撃成績

f:id:INUWASHIclub:20211104193004p:plain

 

★ シーズン当初の期待度を参考に今シーズンの打撃成績を全く個人的な印象で10段階評価してみました

投手辺同様に全くの個人的印象ですので、賛否否否否否否…あるかと思います。

是非コメントに独自評価をお願いします。

今シーズンは明らかに投手は十分な内容であり、攻撃陣がウィークポイントになっていたのは明らかですので、投手評価より厳しくなりますね。

 

鈴木 大地 8点

チャンスメーカーとしての役割、好不調の少なさ、守備貢献度、そしてなにより、チームを盛り上げているという点に関してはアッパレです。

f:id:INUWASHIclub:20110905172244j:plain

 

島内 宏明 10点 (チーム唯一の10点です)

生え抜き初の打点王。本来は4番打者向きではない選手でしょうが、長打力が影をひそめた浅村、機能しなかった助っ人外国人選手の穴を埋めるべく、期待以上の活躍でした。

今シーズンの島内の活躍がなければ最下位もあったかもしれません。

来シーズンも今年のような活躍を期待せざるを得ません。

f:id:INUWASHIclub:20211007211738j:plain

浅村 栄斗 6点

一般選手としてみるならば十分な成績ですが、チーム最強打者としての期待度からすれば残念な成績と言わざるを得ません。

本塁打、打点が期待の半分程度であり、期待が大きいだけに、チャンスでことごとく凡退(か四球)という印象が強くなりました。

昨年くらい活躍してくれていれば優勝できたでしょうに。

本人が一番悔しかったと思いますが、今年が最低成績と考え来シーズンは期待通りの活躍をお願いします。

岡島 豪郎  8点

期待以上に復活してくれました。

残念ながら後半少し失速して3割には届きませんでしたが、岡島選手一軍合流後にチームが踏ん張りを見せた感じです。

来シーズンも故障することなくレギュラーで頑張ってほしいと思います。

f:id:INUWASHIclub:20211016171845j:plain

茂木 栄五郎 7点

故障がなければ、長打力もあるし守備も安定していて頼もしい存在なのですが、故障が多いのがプロとしてどうなんだろうと思わせてしまします。

是非1シーズン通して活躍できる肉体改造をお願いします。

小深田 大翔 7点

必要最低限の仕事はしてくれましたが…

リードオフマンとしては四球を増やすなど、もう少し出塁率を上げることと、盗塁の倍増を期待します。

このままでは山崎剛の控えになってしまいそうです。

山﨑 剛 9点

今年予想以上の活躍という点では島内以上です。

B クラスに落ちるようなチーム状態で1軍に上がってきて、目を見張る活躍でした。

思い切りのよい打撃も若者らしくて好感が持てます。

守備は目を見張るものはないものの安定していて、このままといわず、来シーズンはさらに大きな進化を見せてくれるでしょう。

辰己 涼介 5点

期待度からすれば物足りなさいっぱいです。

守備の人で終わってしまうのは残念すぎます。

レギュラーに定着し、打率>.280、出塁率>.360、盗塁>30 を望みます。

銀次 6点

後半戦復帰後の働きは「さすが」と言わざるを得ませんが、故障、 COVID19 などで不本意なシーズンでした。

優勝のためには是非レギュラーに復帰することが必須です。

太田 光 6点

いくらキャッチャーとはいえ、0.220~0.23 程度は打ってほしいところです。

肩の良さは秀逸ですが、配球が納得できないことあり。

ことに内角の攻め方が少なすぎる印象が特にシーズン前半に見受けられましたが、これば思い違えなのしれません。

炭谷 銀仁朗 7点

太田と逆に肩は今一つですが、納得できる配球と想像を上回るリードを見せてくれました。

加入していただいて本当に良かったと思います。太田選手のためにも。

渡邊 佳明 6点

守備が今ひとつで足も速くないなどの弱点もありますが、内外野とも守れて、しかも勝負強い打撃は、打率以上の価値があります。

オコエ 瑠偉 2点

岡島に続いて、今年のイーグルス外野人の起爆剤になるかと大いに期待していました。

長打力が思ったほど期待できなかったこともありますが、ファーム降格となったあの少年野球なみの返球はお話になりません。

センスが悪いのか手を抜いているのか、どちらにしてもプロではやっていけないのではないでしょうか。

ファンに見放されないように!

村林 一輝 6点

完全に守備と走塁担当という面はありますが、一生懸命ベンチを盛り上げている姿に好感が持てます。ただ打撃をもう少し何とかしないと…

黒川 史陽 5点

期待が大きいだけに成績に大不満です。

あと1,2年で大化けしてくれないといけません。

ディクソン 3点

助っ人としてはお話にならない成績です。

真面目で一生懸命なのはわかりますが、外国人枠を使ってまで必要な選手ではありません。

f:id:INUWASHIclub:20211018194343g:plain

カスティーヨ 1点

こちらも期待外れ。

ディクソンかカスティ-ヨの7いずれかが、いいときのブラッシュやペゲーロくらいの働きをしてくれていれば、浅村ももっと楽に打てたでしょうし、優勝していたと思います。

ここが今シーズンの最弱点だと思います。

f:id:INUWASHIclub:20211018194311j:plain

以上勝手に総括でした。

 

さて6日からクライマックスシリーズ

短期決戦なので、ラッキーボーイなんかでればどうなるかは、分かりませんよ。

まず1戦目の佐々木 朗希を攻略できれば、光明が見えます。

いい投手といってもまだ2年目ですから、プレッシャーで崩れることもあるかもしれません。

それでも何度も書いてきたように、勝ち抜くには浅村の復活が必須で、さらにいい状態で松井が戻ってきてくれることが重要でしょう。

 

今年を振り返る②  投手成績

今年を振り返る② 投手成績

個人投手成績(規定投球回以上)

f:id:INUWASHIclub:20211102205032p:plain

 

個人投手成績(ホールドポイント上位)

f:id:INUWASHIclub:20211102205133p:plain

個人投手成績(セーブ上位)

f:id:INUWASHIclub:20211102205241p:plain

個人投手成績(イーグルス)

f:id:INUWASHIclub:20211102205341p:plain

WHIP = (被安打 + 与四球) / イニング数   投手の安定度を表す

DIPS 守備から独立した投手の評価を算出する方法 投手のコントロールできる部分である被本塁打、与四球、奪三振によって評価

 

★ シーズン当初の期待度を参考に今シーズンの成績を全く個人的な印象で10段階評価してみました


☆    先発


田中 将大 6点
防御率 3.01 QS、与四球の少なさなどはさすがに一流の成績でしたが、それでも勝ち星が少ないこと、被本塁打が多いことなどが残念です。
2013年の23勝0敗を期待していたわけではありませんが、最低でも10勝は堅いと信じていました。

岸 孝之 7点
できの良し悪しの差が大きい投手ではありますが、コントロールのよさ、ストレートの伸びはまだまだ健在で9勝は十分な貢献度です

則本 昂大 8点
奪三振こそ以前より減ったものの、防御率 3.17 11勝は復活したといえるでしょう。

早川  隆久 8点
新人で9勝は立派です。なんとか10勝を期待したのですが残念でした。
来シーズン、2年目のジンクスが無いことを願います。

瀧中 瞭太 9点
今シーズン唯一先発ローテーションを守った投手だと思います。
首脳陣の評価が今一つなのか早めに降板させられてしまいますが、10勝はアッパレです。
今シーズンは瀧中投手抜きではA クラスはなかったたでしょう。
来シーズンは是非7回8回と投げさせてもらえることを期待します。

涌井 秀章 5点
シーズン連続での活躍はあまり期待してはいけない投手なのでしょうが、6勝止まりでしかも後半はファーム落ちは、実力からすればがっかりといっていいでしょう。

 

☆    中継ぎ・抑え

宋 家豪 8点
防御率 2.23   ホールド 24 はアッパレです。
3敗はありますが、昨年までのようなガッカリ投球が激減しました。
来シーズンも欠くことのできない戦力です。

西口 直人 9点
今年の活躍は数字以上です。
先発投手の早期降板後の長イニングリリーフが光りました。
来シーズンはセットアッパーの要になってくれそうです

安樂 智大 8点
これまでとは別投手として蘇えったシーズンでした。
防御率 2.08 は大アッパレです。
3敗の印象が強く、ファンの評価は実績ほど高くないようなのが可哀そうですね。

酒居 知史 7点
実はいい仕事をしているのですが、ギリギリ厳しい場面での印象がおもわしくなく、防御率は良いものの、インパクトは小さい感じです。

松井 裕樹 7点
松井劇場でいつもランナーを出す不安がありますが、途中離脱によりその存在の大きさをファンは再認識したものと思います。高得点をあげたのですが、やはり途中離脱はプロフェッショナルとしてはいけませんね。

森原 康平 6点
期待が高く、良かったときに印象が強いだけに不満が多くなります。
もっといつも『びしっと』抑えてくれないと、重要な場面では任せられませんね。

ブセニッツ 5点
助っ人としては内容が今一つ、二つ、三つ。
外国人枠を使って、敗戦処理では納得できません。

 

以上勝手に犬鷲評価です。
皆さんいかがですか。
次回は打者編の予定です。

(選手の皆さま、万が一当ブログをご覧になっても全く気にしないでください。根拠のない戯言ですので)

 

 

 

 

 

今年を振り返る① チーム成績

今年を振り返る① チーム成績

f:id:INUWASHIclub:20211031172915p:plain

f:id:INUWASHIclub:20211031172943p:plain

         データは https://nf3.sakura.ne.jp/Stats/Standing.htm より引用

C.S まで今シーズンを振り返ってみましょう。
第一弾はチーム成績から。
3位というのは C.S にはつながりましたが、大いに不満な成績です。
10段階評価ではいかがでしょう。

シーズンはじめの期待度からすれば、4点くらいではないでしょうか。
皆さんはどうですか。
マークンをはじめ補強はしたものの、思うように勝てませんでした。
データ上では投手陣は十分よくやっていたのが分かります。
特に救援陣は大アッパレといっていいのではないでしょうか。

f:id:INUWASHIclub:20210717211959j:plain
問題は攻撃陣ですね。
中継ぎ以後が踏ん張っているにもかかわらず、得点できなかったのが響いています。
機動力なし、長距離砲なしでは勝てません
6回終了時のビハインドではほぼ負けでは見ていて楽しくないのは当たりまえです。
ただし、1点差の勝敗は予想外に18勝16敗ですから、ここでも中継ぎ以後の踏ん張りが分かります。
機動力はチーム創設以来の弱点で改善は見込めそうにありませんので、来シーズンは

是非長距離砲助っ人の「当たり」をお願いします。